第34回ニッサングリーンカップ2日目

第34回ニッサングリーンカップ(2日目)
平成30年2月4日
会場校 敷島南小G
11人制 20分ハーフ

△池田SSS VS 大里SSS
     1-1(0-1,0-1)

●池田SSS VS プレジール敷島
     0-1(0-1,0-0)

1試合目
決勝トーナメントに進むためには勝っておきたい試合ですが、
6番・10番を欠いて試合に臨みます。
先週引き分けた八田戦と同様、ボールを試合し攻めているのですが、
なかなか得点ができない失点も許されない
緊迫した状態のスコアレスで前半を終了します。
後半 2分、4番がペナルティーエリアでファウルをもらいPKをケット!
キャプテンが落ちついて右隅に決め、先制点を獲得しました。
しかし、8分に相手FKからの混戦と押し込まれ同点にされます。
右サイド8番の突破のシュートや、18分の7番のFKのチャンスも
クロスバーにはじかれ痛いドローで終了です。
まだ予選敗退が決まっていないにかかわらず、
悔しさのあまりに、涙する選手もいました。

2試合目
前に行われた八田戦より、3点以上の得点が必要な敷島戦です。
プレッシャーがない方が不思議な状態です。
今年、プレジール敷島は、TMも含めて何度も対戦していますが
なかなか勝てていない相手です。
一進一退の攻防戦の中、GKが前に出てのクリアが相手10番正面にいってしまい、
ロングシュートを決められ痛い先制点を与えてしまいました。
失点のダメージは見ていても容易にわかります。
ゴール前までボールを運びますが、
フィニッシュまでいけない状態が続き0-1で前半終了。
ハーフタイムでコーチからの喝が入ったと思われましたが、
得点をとり、逆転する状態に戻すのは、難しかったようです。
そのまま時間だけが過ぎてしまい試合終了。
試合に出れなかったメンバーの為にも、決勝トーナメントに進むもうと
気負ったところへ先制点を取られたところで、心が折れてしまったなと思いました。
コーチも言っていた残念な・寂しい試合で終わってしまいました。

2日間と振り返ってみると、
1日目 池田は、1勝1分で得失点差で暫定1位にいましたが、
結果的には、5チーム中4位で予選リーグ敗退です。
1点の重み、勝ちきることの難しさを改めて思い知った大会となりました。

コーチ、父兄皆様、2日間にわたり、準備・応援くださりありがとうございました。

残るは、遠征のみです。
楽しく悔いの残らない試合をしたいです。
また体調管理も十分に行い、みんなで参加しましょう。

スポンサーサイト
by 池田SSS
23:29 | 公式戦 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
大和リーグ | top | 第34回ニッサングリーンカップ1日目

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する